cyappoi honpo

ドイツ | アルペン街道


ドイツの国旗

ドイツ好きによる ドイツ好きのための ドイツ旅行ナビゲーションマガジン 旅navi!(タビナビ)

旅好き☆[ちゃっぽいほんぽ特派員]がでかけたドイツの旅、紹介します!
初めてドイツへ行く人、ドイツを深く楽しみたい人、ドイツ旅行の妄想で元気になりたい人・・・必見です!!
 
旅navi!TOPページへ ドイツ TOPページへ

アルペン街道をゆく 


アルペン街道は、ドイツ屈指の大自然に囲まれたルート。ドイツ最高峰の山ツークシュピッツェに、国内有数の保有地であるテーゲルン湖・キーム湖。
どれもドイツが誇る美しい景観。

更には、ルートヴィッヒ2世が贅の限りを尽くして建てさせたヘレンキームゼー城や、ディズニーランド「シンデレラ城」のモチーフとなった
ノイシュヴァンシュタイン城など、絢爛豪華なお城が点在する、見どころ満載の街道。

又、日本でもおなじみ、「バウムクーヘン」は、テーゲルン湖にある小さなカフェが発祥の地。
現在もテーゲルン湖には、このバウムクーヘンを生んだカフェが運営されているので、こちらで本場の味を楽しむのも、良いと思います。

アルペン街道 ノイシュヴァンシュタイン城


ノイシュヴァンシュタイン城は、バイエルン最後の国王、ルートヴィッヒ2世が建てた白亜のお城。
絢爛豪華なお城は、外装だけでなく内部の装飾に至るまで、ルートヴィッヒ2世の希望のまま、本当に豪華に作られています。

ノイシュヴァンシュタイン城ドイツ観光名所ナンバーワンのお城、ノイシュヴァンシュタイン城。

国の財政を傾けさせてまで造られた、と言われているだけあって、それらの調度品など、見どころ満載。
又、この美しいお城は、ディズニーランドにある「シンデレラ城」のモデルとしても、有名なお城です。

ノイシュヴァンシュタイン城は、麓で入場券を購入して見学。城内の見学は時間指定のガイドツアーのみ。
観光シーズンにはチケットセンターに長蛇の列ができることも。インターネット予約も可能なので、そちらも利用してください。(予約金1.80ユーロが必要)

ノイシュヴァンシュタイン城のガイドツアー集合場所は、お城の中庭。
麓からは徒歩で行くか、馬車やシャトルバスを利用して個人で向かいます。

徒歩だと40分も歩けば、中庭につくことができます。
ただし、途中にお店などはないので、お水や食べ物など、最低限の準備をしてでかけましょう。

ふたつの湖 テーゲルン湖キーム湖


ドイツ、アルペン街道にあるふたつの湖は、テーゲルン湖と、キーム湖。
どちらもミュンヘン中央駅から電車で約60分〜80分程で行くことができます。

キーム湖は、ドイツ最大の湖です。ヴェルサイユ宮殿を模してつくられたヘレンキームゼー城など、見どころも満載。
ヘレンキームゼー城は、ノイシュヴァンシュタイン城同様、ルートヴィッヒ2世が建てさせたもの。(こちらのお城も未完)

テーゲルン湖テーゲルン湖は、バウムクーヘン発祥の地。

意外にも、ルートヴィッヒ2世が建てたお城の中で、最もお金がかかっているのが、このヘレンキームゼー城だとか。

この湖、どちらもドイツ国内有数の保養地。
夏はヨットやウインドサーフィン、秋ならハイキング、冬はスキーと、四季折々のレジャーを楽しむことができます。

高級リゾート地ですが、コンドミニアムなどを利用すれば、自炊しながら長期滞在することも可能。
ドイツの大自然に囲まれて保養なんて・・・考えただけでうっとり、ですね。

・・・その他、アルペン街道にはドイツ最高峰の山、ツークシュピッツェも!
こちらは登山を楽しむのは勿論、登山鉄道で誰でも山頂まで登ってその景色を楽しむことができます。

ツークシュピッツェのページ


アルペン街道 攻略法

リンダウ・ベルヒテスガーデンのどちらからスタートしても良いです。
ノイシュヴァンシュタイン城やツークシュピッツェやなどは主要な観光地へは電車で行くことが可能。

自然が豊かな地域なので、一部電車の便が悪い地域があったり、大自然を楽しむために町から離れる場合がある。
その際は、レンタカーなどを利用すると便利です。

自然が豊かな街道なので、一年中美しい自然美に触れることができます。
春から夏は、山の緑と青い湖、秋は紅葉。冬には一面銀世界と、四季を通してどの季節でも楽しめる街道です。

ただし、日本の北海道並の気候の、ドイツ。10月ともなれば、山頂はスキー場のように白銀・猛吹雪。
レジャーを楽しまない場合でも、防寒対策はしっかりと準備してでかけてください。




 旅navi! copyright (C) 2008  All Rights Reserved

 [旅navi!]は、旅好き集団[ ちゃっぽいほんぽ特派員 ]がでかけていった土地で出会った素敵なもの、
 楽しいものを、旅に出るのが好きな人、旅に出る妄想をするのが大好きな人に伝えたくて、立ち上げたサイトです。
 掲載の情報をフル活用して、旅を楽しんで下さると嬉しいです☆
 だた・・・掲載内容の無断転用などは、ご遠慮ください。

 内容は、個人的な意見や視点が主なので、実際に貴方が感じるものとは違った内容であることがあります
 ご理解の上、ご活用頂ければ幸いです