cyappoi honpo

ドイツ | 出入国情報


ドイツの国旗

ドイツ好きによる ドイツ好きのための ドイツ旅行ナビゲーションマガジン 旅navi!(タビナビ)

旅好き☆[ちゃっぽいほんぽ特派員]がでかけたドイツの旅、紹介します!
初めてドイツへ行く人、ドイツを深く楽しみたい人、ドイツ旅行の妄想で元気になりたい人・・・必見です!!

旅navi!TOPページへ ドイツ TOPページへ

ドイツへの旅-日本出国


いざ、ドイツへ!日本を離れる際は旅のわくわく感で元気いっぱいですが、フライト時間などを考えると、なるべく体力は温存したいもの。
空港までのアクセス方法などは事前にチェックし、慌てて搭乗・・・なんてことにならないように。

各空港まではリムジンバスなどを利用すると、便利で快適。
ただし、思わぬ交通事故などによる渋滞に巻き込まれてしまうことも。時間には余裕を持って利用しましょう。JRなどの電車を利用するのも○。

出発空港 出発駅 アクセス方法 所要時間
(およそ)
料金
成田国際
空港
東京駅 JR東日本特急成田エクスプレス
(表示は通常期料金)
60分 2940円
新宿駅 80分 3110円
池袋駅 90分 3110円
横浜駅 90分 4180円
東京駅 リムジンバス 80分 3000円
新宿駅 85分 3000円
横浜駅(YCAT) 90分 3500円
羽田空港 75分 3000円
京成上野駅 京成スカイライナー 60分 1920円
羽田空港駅 エアポート快速 120分 1560円
さいたま新都心駅 ONライナー 120分 2750円
関西国際
空港
新大阪駅 JR西日本特急はるか
(表示は通常期指摘席料金)
50分 2980円
京都駅 75分 3490円
難波駅 南海電鉄ラピード 40分 1390円
難波(OCAT) リムジンバス 50分 880円
中部国際
空港
名鉄名古屋駅 名鉄特急 30分 850円
名鉄岐阜駅 55分 1310円
藤が丘駅 空港バス 60分 1400円
豊田駅 70分 1700円
高速船 40分 1890円

空港には2時間前を目安に到着しましょう。

①チェックイン(搭乗手続き)
②セキュリティチェック
③税関
④出国手続き

の順で済ませ、飛行機の搭乗案内を確認しつつ、搭乗を待ちます。

ドイツ入国


①到着 飛行機を降りて空港内に入ったら「Passkontrolle」というサインに従い、入国審査カウンターへ
又、EU国内で乗継をした場合には、その空港で入国審査を受ける。
その場合、ドイツ入国の際の入国手続きは不要。
②入国審査 日本人は「Non-EU nations」というレーンへ並ぶ。
パスポートのみ提示して通過する。
③荷物の受け取り 荷物のマークに従い、荷物受取へ。
④税関 申告するものがなければ緑のランプがついている出口へ。

ドイツ出国


①リコンファーム
 (予約再確認)
航空会社によって、飛行機の再確認が必要。
予約した便が出発する72時間前までに航空会社に電話などで連絡する。
②チェックイン 飛行機の出発2時間前を目安に空港に到着しておく。
繁忙期や免税手続きが必要な場合は更に時間に余裕を持って。
利用する航空会社のカウンターにてパスポートと航空券を提示、荷物を預ける。
③出国手続き 出国審査カウンターにて搭乗券とパスポートを提示。
審査終了後は、手荷物検査とボディチェックを受ける。
出国手続きゲート通過後に、再度ゲート前へ戻りたい場合は、
もう一度出国審査カウンターにて同様に手続きをする必要があるので要注意。

ドイツからのお土産品に要注意・・・
ドイツといえばソーセージ!・・・と思って沢山お土産にしたら、日本で全部没収・・・!なんてことに。

ドイツからソーセージなど、肉加工品を持ち帰ることは難しく、日本向けの書類の添付された商品か、缶詰商品以外は持ち帰ることができません
例え空港内で購入したものでも、日本の入国審査の際にチェックが入ると没収されてしまいます。

日本入国

①検疫 旅行中に下痢や熱・体調不良などを起こしてしまって人は健康相談室へ。
②入国審査 日本人と書かれた入国いsんさカウンターに並び、パスポートを提示。
審査終了後はそのまま手荷物受取所へ。
③荷物の受け取り 搭乗した便が表示されたターンテーブルで荷物を受け取る。
④動植物検疫と税関 動物や植物、又はそれらの加工品を持ちこむ場合には検疫が必要。
その他の場合は着ないで配られた税関申告書に記入して税関へ。
免税範囲内なら緑の検査台、範囲を超えている場合は赤の検査台へ。



 旅navi! copyright (C) 2008  All Rights Reserved

 [旅navi!]は、旅好き集団[ ちゃっぽいほんぽ特派員 ]がでかけていった土地で出会った素敵なもの、
 楽しいものを、旅に出るのが好きな人、旅に出る妄想をするのが大好きな人に伝えたくて、立ち上げたサイトです。
 掲載の情報をフル活用して、旅を楽しんで下さると嬉しいです☆
 だた・・・掲載内容の無断転用などは、ご遠慮ください。

 内容は、個人的な意見や視点が主なので、実際に貴方が感じるものとは違った内容であることがあります
 ご理解の上、ご活用頂ければ幸いです