cyappoi honpo

ドイツ | ドイツ料理を楽しむ


ドイツの国旗

ドイツ好きによる ドイツ好きのための ドイツ旅行ナビゲーションマガジン 旅navi!(タビナビ)

旅好き☆[ちゃっぽいほんぽ特派員]がでかけたドイツの旅、紹介します!
初めてドイツへ行く人、ドイツを深く楽しみたい人、ドイツ旅行の妄想で元気になりたい人・・・必見です!!
旅navi!TOPページへ ドイツ TOPページへ

ドイツ料理を堪能する


ドイツには、おいしい食べ物が沢山あります。折角ドイツを旅行するなら、是非ドイツ料理を楽しんでみて下さい。

ドイツ料理のほとんどが、ビールにぴったりの味。さすがは、ドイツ。ビールの為の食べ物に溢れています!

ドイツ料理は地方によって、その料理も違います。
主要都市ではそのどれもが食べられることが多いですから、是非色んな地方の名物料理にトライしてみてください。

ドイツ料理は香辛料や味付けが日本人にも親しみやすいものが多いので、その味もとっつきにくいものはありません。
見た目にびっくりせず、まずは一口!トライしてみてください。

はじめはちょっとびっくりするような味でも、慣れてくると癖になってやみつきに・・・なんてことも。

ドイツといえば・・・ソーセージ!


ドイツといえば、ソーセージ!と思うのは、私だけでしょうか・・・?

そう思う人もそう思わない人も、ソーセージが苦手な人も是非、ドイツのソーセージにトライしてみてください。
そのおいしさは、「さすが、本場」と思わせるものです。

ドイツ料理思い出すだけで、よだれがでてくるドイツのソーセージ

今回の旅で宿泊したホテルは、幸いなことに朝のビュッフェからこれらのソーセージやハムやチーズ、パテが沢山の種類楽しめ、
どれもとても美味しいものでした。・・・おかげで毎朝ホテルのビュッフェでドイツ料理を堪能していました。

写真の上部にあるのが、ヴァイスブルストソーセージ)。バイエルン地方の郷土料理で、子牛肉に香草を混ぜたソーセージ。

皮をむいて、甘いマスタードをつけて食べる。香草の匂いも肉の匂いも柔らかく、ボイルで食べることが多いので、
肉の匂いが苦手な人でも香草の香りが苦手な人でも楽しめる一品。私はこれにはまりました。

その他、ドイツといえば、チーズやハム、それに種類も豊富なドイツパン、ドイツチョコレートや伝統的なドイツお菓子など。
お腹がいくつあっても足りない位、おいしいものだらけ、ですよ。

デリカテッセンのハム・ソーセージデリカテッセンには美味しそうなハム・ソーセージがずらり。

ただしこれらの食べ物、お土産にする際は、要注意。
日本へは牛肉の持ち込みは一切禁止。ソーセージやハムなどは日本向けに書かれた検査書が必要となってきます。

これらは空港でも同じ。「空港で買ったから、安心でしょ」と買い物をしてしまうと、日本に帰ってきて全部没収・・・なんてことに。

どうしてもソーセージ類を持ち帰りたい場合は、缶詰のものを選ぼう。缶詰であれば、持ち込むことができます。

ドイツ レストラン 攻略法


「折角ドイツに旅行に来たんだから、ドイツのおいしい料理を食べたい!」「出来れば日本人向けのガイドブックに載ってないようなお店がいい・・・」
そんな時は、やっぱり地元の人に聞いてみるのが、一番。

宿泊先のホテルのフロントなどで聞くとほとんどのホテルで英語が通じますし、親切に教えてくれます。

又、ドイツのミュンヘン空港にはホテルや鉄道の予約をとってくれるインフォメーションセンターがあります。
ミュンヘン空港に到着した際に、このインフォメーションセンターを利用することも、可能。

又、ミュンヘンなど観光都市では、駅などににトラベラー向けのインフォメーションセンターがあります。
ここでおいしいドイツ料理のレストランを教えてもらうことも。相談すれば、予約などの手伝いもしてくれます。

どの場合にも、簡単に「ドイツ料理のおいしい店」と相談するのではなく、
「安いお店がいい」「雰囲気のいいお店がいい」「ドレスコードが必要ないレストランがいい」「高くてもいいから、おいしい店を」というように
具体的にお店の希望を伝えると、教える側に伝わりやすいですよ。

ドイツ レストラン 攻略法 A チップについて

ドイツでは、レストランやホテルでは、ほとんどの場合英語が通じますので、それほど心配することはないと思います。
又、観光都市にあるレストランなどでは日本語のメニューを用意しているところもあるので、ウエイターさんに聞いてみましょう。

レストランなどに行く場合に知っておかなければならないのが、チップ。
日本人には馴染みのない習慣なので、きちんと知っておきましょう。

とはいえ、ドイツのチップ事情はさほど難しいものではありません。
例えば、高級レストランなどでは、食事の10%程度をチップとして計算し、会計をお願いします。

42ユーロの食事をして、50ユーロ札を出す。すると、おつりが返ってこない・・・なんで??なんていうことが、あります。
勿論、会計表(レシート)にチップはいくら?と書きこむ欄があるので、そこに金額を書き込めば、おつりが返ってきます。

しかし、この会計表がない場合、50ユーロ全てがチップだと換算されてしまうことも。
こん場合はチップを含めた金額(この場合46ユーロ程度)きっちりを支払うのが、ベストです。

カフェやさほど高級でないレストランであれば、端数を切り捨てた額をチップとすればOK。あまり難しく計算する必要はありません。




 旅navi! copyright (C) 2008  All Rights Reserved

 [旅navi!]は、旅好き集団[ ちゃっぽいほんぽ特派員 ]がでかけていった土地で出会った素敵なもの、
 楽しいものを、旅に出るのが好きな人、旅に出る妄想をするのが大好きな人に伝えたくて、立ち上げたサイトです。
 掲載の情報をフル活用して、旅を楽しんで下さると嬉しいです☆
 だた・・・掲載内容の無断転用などは、ご遠慮ください。

 内容は、個人的な意見や視点が主なので、実際に貴方が感じるものとは違った内容であることがあります
 ご理解の上、ご活用頂ければ幸いです