石垣島の風景写真 | 石垣島旅行計画・費用・体験・写真すべて公開

宇宙までとどきそうな青い色


晴れても曇ってても石垣島はいいところ♪ 車画像

下の二枚の写真だけは人からいただいた写真を使ってますけど、他は全部僕と嫁様が撮った写真です。

石垣島の写真っ言ったら出てくるほど有名な川平湾の写真。地元の人が言うにはいつ行っても色が違うんだそうですよ。あなたの時は何色かな〜

石垣島の写真っ言ったら出てくるほど有名な川平湾の写真。
地元の人が言うにはいつ行っても色が違うんだそうですよ。あなたの時は何色かな〜

石垣島北部の空からの写真。『イエローサブマリン ダイブ スタジオ』のシノブちゃんにデータをもらいました。ありがとうね♪

石垣島北部の空からの写真。
『イエローサブマリン ダイブ スタジオ』のシノブちゃんにデータをもらいました。ありがとうね♪

サンゴ礁の島だからリーフの切れ目に波がたってきれいな色でくっきりわかれてますよねぇ〜

晴れていれば石垣島のどこからでもこれに近い景色を見ることはできますよ。

ちなみに、雨や曇りの日の石垣はたいてい下のようなかんじです。

曇。これが僕が撮った遠くからの川平湾。曇った日にしか近くを通らなかったもんで・・・ 雨。リーフの切れ目がよくみえますよねぇ。サーフィンできないのかなぁ・・・ 大雨。サーフィンが出来そうなところを発見!!でも、すんごい土砂降りの大雨・・・

左:曇。これが僕が撮った遠くからの川平湾。曇った日にしか近くを通らなかったもんで・・・
中:雨。リーフの切れ目がよくみえますよねぇ。サーフィンできないのかなぁ・・・
右:大雨。サーフィンが出来そうなところを発見!!でも、すんごい土砂降りの大雨・・・


雨でも色じゃない写真の楽しみ方ってありますよね・・・

海と反対側の山の雨上がりの写真。沖縄を感じさせない写真だなぁ・・・ 足元の飛び石がかわいかったので、つい・・・これもサンゴですよ 石垣の至るところに生えてる樹のアップ。フラダンスしてるみたい♪

左:海と反対側の山の雨上がりの写真。沖縄を感じさせない写真だなぁ・・・
中:足元の飛び石がかわいかったので、つい・・・これもサンゴですよ
右:石垣の至るところに生えてる樹のアップ。フラダンスしてるみたい♪


干潮の時には歩いて近づくこともできるマングローブ☆

干潮の時にはこうやって踏ん張って頑張って立ってるマングローブ だんだん大きくなると見てても安心な踏ん張り具合ですねぇ ここもいずれはマングローブで覆われていくんですかね☆

左:干潮の時にはこうやって踏ん張って頑張って立ってるマングローブ
中:だんだん大きくなると見てても安心な踏ん張り具合ですねぇ
右:ここもいずれはマングローブで覆われていくんですかね☆


市街地『あやぱに・モール』付近も散策☆

ここが石垣一の繁華街『あやぱに・モール』雨の日でもお買い物がたのしめるアーケード付き。 どんなお土産物も揃うらしい。公設市場もあって楽しかったですよ。何も買いませんでしたけど。 『730』交差点。1978年7月30日に右側通行が左側通行に変わった記念碑のある交差点。

左:ここが石垣一の繁華街『あやぱに・モール』雨の日でもお買い物がたのしめるアーケード付き。
中:どんなお土産物も揃うらしい。公設市場もあって楽しかったですよ。何も買いませんでしたけど。
右:『730』交差点。1978年7月30日に右側通行が左側通行に変わった記念碑のある交差点。

石垣の至るところにあるこの模様はみんさー織りにも使われてる八重山の伝統的模様。 あやぱにモール近くの道路にもいっぱいこのテキスタイルがあるんです。しかも、まだまだ作ってましたよ。 離島ターミナルから竹富島に向かう途中の防波堤にもこのテキスタイル発見。

八重山では昔、男性の求婚に対してみんさーふと呼ばれる帯を織って渡す習慣があって、
それに使われてた模様がこの五つと四つの四角柄。
「いつ(五)のよ(四)までもすえながく」という趣のある意味が込められていて、
両脇の直線は「足しげくおいで下さい」という意味なんだそうです。

僕はお土産にこのみんさー織りのテキスタイルのスタンプを買いました☆


飛行機が近いぃ〜!!ど迫力の毎日なんですね。

轟音と共にやってくる飛行機。近っ! こんなに町の近くを毎日すごいいきおいで通り過ぎていくんですね。 毎日この音と共に生きるってどんな感じなんでしょうかね。

左:轟音と共にやってくる飛行機。近っ!
中:こんなに町の近くを毎日すごいいきおいで通り過ぎていくんですね。
右:毎日この音と共に生きるってどんな感じなんでしょうかね。

ここは石垣島空港近くのマックスバリューの横のモール。ここの雪氷が美味しかったぁ♪


快晴の日に僕でも撮れる、これぞ沖縄写真☆

気持ちのいい空に気持ちのいい海、そして海岸でサンゴと貝を探す嫁様。

名蔵アンパル付近の海岸で乗馬体験もできるんですよ〜。 こういう景色に出くわすと、あぁ〜沖縄に来たなぁ。って感じしますよねぇ。 毎日この音と共に生きるってどんな感じなんでしょうかね。

サンゴの浅瀬が向こうまで続いてるんですよ。裸足には少し痛いです。 砂の風紋も写真に撮りましたけど、こちらは海の風紋です。

この写真は全部、名蔵アンパル付近の海岸線で〜す。
この辺りでは乗馬体験ができるんですよ。海のそばを馬で歩くなんて海外にでも来たかのよう☆
1月でも水温はそんなに冷たくなかったですね。泳ぐには冷たいですけど。。。


体験ダイビングで僕が撮った快心の一枚☆

流れがきつい日だったけど、めっちゃ頑張って静止して撮れたカクレクマノミ。

体験ダイビングに興味がおありの方は体験ダイビングのページをどうぞぉ〜。


観光地『唐人墓』です。

観光バスも止まる『唐人墓』。市街地からフサキビーチ方面に入ったところにあります。

観光バスも止まる『唐人墓』。市街地からフサキビーチ方面に入ったところにあります。


離島ターミナルはこんな感じのところですよ。

離島ターミナル内にある『七人本舗(ななぴぃとほんぽ)』さん。ここのTシャツがかわいい。さらに、ここのマリヤ乳業のシェイクもうまいっ!

混雑する時間帯に来ると、ここも観光客でいっぱいいっぱい・・・ 離島ターミナル内にはご飯を食べられるところもあるし、お土産もいっぱい売ってますよ。時間に余裕を持って行動すればここでも遊べます。

離島ターミナルは時間帯によってはかなり混雑するので、時間に余裕を持って行動したほうがいいですよ。
中にはチケットを売る会社が3つくらい入ってるので、最初は何が何やら迷うんです。
船のチケットに観光が一緒に入ってるやつとかレンタル自転車が付いてるのとか水牛観光が付いてるのとか・・・。

離島に渡ってから直接申し込んだほうがお安いやつとかありましたから、考えて買ってね。


あとは、いろんなスナップ写真です。

レンタカーなんてほとんど通ってない、名蔵から白保に抜ける長い直線道。周りは全部さとうきび畑。 目の前に竹富島が見えるイタリアン『armoco(アルモコ)』さんの前の道。 フサキビーチを北に少し過ぎた辺りで見た写真。

沖縄の樹ってすんごい自由に伸びると思いません? 屋良部橋の下ではサーフィンができるんだって☆けっこうな崖をサーフボードを持って降りると行けます。リーフがたくさんあるから頭打たないように気をつけて。 大きなサンゴや貝殻がたくさんおちてる白保の海岸。石垣島の南東部です。

各写真にマウスを合わせると説明書きが出ますよ。


『嫁様よっ!石垣島はとってもいいところですなっ!』